こんにちは!リフレクソロジスト・国際薬膳師・絵本講師の川口結実です。
世田谷・経堂にあるサロンで、 足裏から健康美人になるお手伝いをしています。

さて、本日は
「リフレクソロジーは痛い?いいえ、痛キモです」というお話を。

初めていらっしゃるお客様は、足裏を刺激すると
「この痛みは何??」
と驚かれる方が多いです。

例えると、逃れらない痛みといいますか、
出産経験のある方は

「陣痛みたい」

ということも。

確かに、痛みはあります。
しかし、痛みの種類が受け続けると変わります。

適度な圧で、しっかりと反射区を刺激できる
若石リフレクソロジーの受け始めは・・・

とにかく痛いです。

なぜかというと、
膝上10㎝からつま先までは、
老廃物が溜まりやすいからなんですね。

蓄積した老廃物が血管を圧迫して、
血流が悪くなります。

反射区を刺激することで
老廃物が流れるのですが、

この時、老廃物が神経などに触れるため
痛みを感じるのです。

この痛みが(1)とします。

定期的に足裏ケアを続けると、
この老廃物が流れやすくなり
血流も良くなってきます。

血液循環がよくなると体の調子も整ってきます。

だんだん(1)の痛みから、次への痛みへと変わります。

それが(2)の痛み。
正確には、痛みではなくて、
「痛キモ」です。

反射区に適度な圧がかかり、
脊髄を通じて臓器や器官に刺激がいきます。

老廃物が邪魔しないので痛みは強くなく、
適度な痛み、しかも気持ちよさもあるのです!

だから、痛キモ。
この刺激が体内を活性化するんですね。

そのため、お客様の「痛キモ」度に合わせた、
痛みが出過ぎない適度な圧を心がけます。

施術中、痛みが苦痛すぎる時は遠慮なくお声掛けください。
老廃物が多い初期の時も痛すぎるのは体に良くないので、
無理せず継続してきましょう!

hirobefore


Comments

comments

ご予約フォーム