• カテゴリー
  • リフレクソロジスト・国際薬膳師の川口結実です。
    世田谷区の経堂にあるリフレクソロジーサロン「若石足療リフレスト」で足裏健康美人になるための情報をお届けしています。

    今日は、閉経後はコレステロール値が高くなる!リフレクソロジーで中性脂肪対策ついてお話します。

    【コレステロールは3種類 総コレステロール、LDLとHDLコレステロール】

    健康診断で調べるものには、大きく分けて3つのコレステロールがあります。

    ・総コレステロール
    ・LDLコレステロール
    ・HDLコレステロール

    652014

    LDLは、肝臓でつくられたコレステロールを各臓器に運ぶ働きをしています。細胞内に取り込まれない余ったコレステロールを血管内に残す役割もあります。
    HDLは、血液中の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ役割を担っています。

    総コレステロールは、LDLコレステロールとHDLコレステロールどちらも含まれます。

    ちなみに、LDLコレステロールを「悪玉コレステロール」、HDLを「善玉コレステロール」と呼びますが、悪玉といっても体にとって悪いわけではないし、また善玉は多ければいいのかというと違います。身体にとってどちらも必要で、コレステロール値の量がいいバランスであることが重要なのだそうです。

    女性ホルモンのエストロゲンには、LDLコレステロールを肝臓に取り込む受容体を増やす働きがあり、血中のLDLコレステロールが増えにくいため、男性と比較してLDL値が増えにくい傾向にあります。
    ところが、更年期を迎えエストロゲンが減少するとこの働きが低下し、血中のLDLコレステロールも回収されにくくなり、数値が高くなります。
    つまり、閉経後の女性はLDLコレステロールが高くなりやすく、高くなると内臓脂肪がつきやすくなるため、その結果中性脂肪の値が高くなるのです。

    1d533a941c59d2370023ffd0da40dffa_s

    【LDLコレステロールが高いと動脈硬化のリスクが高くなる】

    LDLコレステロール値が高いと、内臓脂肪がつきやすいだけでなく、動脈硬化のリスクが高くなります。
    動脈硬化は血管がもろくなるだけでなく、様々な病気につながります。
    心筋梗塞や狭心症といったような病気で動脈硬化は有名ですが、心臓だけでなく、手足や腎臓、首、腹部でも動脈硬化は起こります。
    特に、下肢の痛みやしびれといった症状は、下肢の動脈硬化である閉塞性動脈硬化症(PAD)の疑いがあります。

    【中性脂肪対策には適度な運動と食事の見直しを】

    閉経前の更年期から適度な運動や食事の見直しを始めることが、地味ながらも病気のリスクを下げる敷居の低い対策です。
    適度な運動というと、20分以上行うことで効果が出るといわれる有酸素運動が思い浮かびますが、無酸素運動である筋トレも積極的に行いたいものです。
    かといって、筋トレや20分以上の運動というとあっという間に敷居が高くなってしまうのが難です。そこで、オススメする方法は

    ・エレベーターやエスカレーターはなるべく使わず、階段を利用する
    ・交通機関を利用しての移動時に、降りる駅の一駅前で降りて一駅分歩く

    という、ながら筋トレ・ながら有酸素運動です。時間のない人が運動を習慣化するのには、「ながら」が一番やりやすいです。

    また、食生活は和食を中心にバランス良くとりましょう。以前ご紹介したこんなサイトなどで、栄養バランスの良い食事の見本と普段の自分の食事内容を比べてみるのも良いですね。

    【リフレクソロジーで中性脂肪値が低下!!】

    リフレクソロジーでも中性脂肪対策はできます。反射区(ゾーン)から身体の臓器や器官を刺激することで、体内を活性化し気血の流れを良くすることで、体内に滞った余分な水分を排出し、浮腫みを撃退します。リフレクソロジーで体内循環を整えて中性脂肪対策を行いましょう。
    こちらのサイトでは、定期的にリフレクソロジーを受けた方の血液検査結果が公表されています。リフレ前後の数値では、前より後のほうが中性脂肪・コレステロール値が低下しています。

    1f08ab4c130abafcea5061d146b7e94c_s

    お友達紹介制度が好評です!ぜひご利用ください。
    リフレクソロジーで足裏健康美人を目指しませんか??
    topashi2

    【動脈硬化とは?】

    体のすみずみまで酸素や栄養を届けるのは、動脈のお仕事です。
    動脈は年齢と共に弾力が無くなり硬化しやすく、動脈に様々な物質が付着し内壁が狭くなると、血管内部の血流が滞ります。
    これを動脈硬化といいます。
    動脈硬化のリスクが高まる原因は様々で、

    ・老化
    ・遺伝

    のように自分ではどうすることもできない原因もあれば、

    喫煙・肥満・ストレス・運動不足

    といった後天的要素もあります。この原因が複合的になるほど、リスクも高まります。

    2feb18fff993999c7c286f3531408607_s

    【動脈硬化防止のために気をつけたいこと】

    動脈硬化を進めない基本中の基本は、

    タバコをやめる

    に尽きます。

    喫煙は血管を収縮させる働きがあります。
    タバコを吸うと、血管が収縮するため血流が低下します。
    血管収縮は、タバコに含まれるニコチンの作用です。

    体のすみずみまで新鮮な酸素と栄養素が十分に届けられなくなると、体がその状態を改善しようとストレスホルモンが多く分泌され、交感神経の働きが盛んになります。

    脈拍は増加し、血圧も上昇します。無理に勢いがかかるため、血管にも心臓にも負担がかかることは言うまでもないでしょう。

    また、血流スピードが遅くなると、毛細血管で行われる中性脂肪分解が停滞し、体内のLDLコレステロールが酸化して血管内壁に付着しやすくなります。
    つまり、タバコは動脈硬化だけでなく、中性脂肪増加にも繋がります。

    中性脂肪が多いと動脈硬化を引き起こしやすい、とも言えますね。

    また、喫煙はタバコの有害成分の影響で、血液の粘度も増すため、さらに血流は悪くなります。

    lgf01a201406302100

    【動脈硬化要望は、ストレスをためずに適度な運動を】

    動脈硬化の大きな要素である喫煙というカードが無くなれば、あとは生活習慣を改善するだけです!

    <ストレス>

    人はストレスを感じると副腎から抗ストレスホルモンが放出され、ストレスから身を守ろうとします。

    喫煙の時のストレスと同じですね。
    交感神経の働きが過剰に働きすぎると、自律神経のバランスを崩すため、体調不良に繋がります。
    また、副腎のホルモンを多く使いすぎると、ホルモンが枯渇状態になり日常生活に支障を来してしまいます。

    交感神経優位の状態では末梢血管は収縮しやすく、前述したように血管にも負担をかけるため動脈硬化の要素となります。
    何事も頑張りすぎず、ONとOFFのメリハリをつけて夜はゆっくり休むようにしましょう。
    質の良い睡眠を確保し、翌日の活動に備えましょう。

    <食生活>
    肥満防止だけでなく、十分な栄養素を摂ることで血流促進が期待できます。
    中性脂肪が高い人と、中性脂肪がさほど高くない人では栄養バランスが違いますし、日中の活動内容や性別なども食事内容に関係します。

    一度、自分にあった食事量と内容はどんなものかを、考えてみるのもいいですね。

    <運動>
    運動は、有酸素運動でなければ意味がないと思っていませんか?
    私も実はつい最近までそう思っていましたが、日々の生活そのものがトレーニングにつながるように体を動かせば、それは運動としてカウントしてOKなんです!
    ちょい運動をおすすめします。一駅前で降りて歩いたり、階段を使ったり、自転車や車を使わずに歩いて移動すると、健康貯金が増える♪と思えば体を動かすことが楽しくなります。

    また、階段の上り下りで足の上げ下げを少し意識したり、腹筋に力をいれてみたりも結構キキます。

    【動脈硬化予防はやはり血流サラサラ!】

    リフレクソロジーは、三大原理で体内を活性化します。
    血液循環を促し(循環原理)、体内の気のバランスを整えて(平衡原理)、反射区を刺激することで臓器や器官を活性化(反射原理)します!!動脈硬化予防には、リフレクソロジーをぜひお試しください。

    若石リフレクソロジーで、足裏から健康美人になりましょう!

    before2017.03.24

    ご予約フォーム