• カテゴリー
  • リフレクソロジスト・国際薬膳師・絵本講師の川口結実です。

    小田急線経堂駅 徒歩4分のリフレクソロジーサロン
    「若石足療リフレスト」
    にてイタ気持ちよい刺激のリフレクソロジーをお届けしています。

    ストレス・緊張で硬くなった筋肉にもアプローチしますよ。

    また、お子様連れのお客様大歓迎です。

    さて、今日は頑張ってたらおつまみをもらえたお話をします。
    誰にもらったかというと、飲み屋にとなり合わせたお爺様に頂きました。

    以前、心理学を勉強してることをブログでお話しましたが、

    自分のことや家族との関係を見直して、ずいぶん環境が変わりました。

    自分が変われば相手も変わる。

    これが一番の実感なのですが、その次は
    「頑張っているとごほうびがやってくる」こと。

    講座で先生が話していた時は、
    「ほんと〜?」と半信半疑でした。

    それが、だんだんとその効果が現れはじめたのです!

    毎日の自分のお仕事

    ここで言う仕事は、私にとっては家庭での家事や育児などのことなんですが、

    以前はそれらを「やりたくないな〜」「さぼっちゃおうかな〜」

    と思いながらやっていたんですね。時々夫に丸投げしちゃったりしてw
    (時々じゃないだろう、と夫からヤジが飛びそうですが)

    だけど、自分のやるべきことはちゃんと引き受けるようにして、

    「自分の仕事を全うしよう。そうすればきっと良くなる」
    という考え方に変えたら、小さいごほうびが時々やってくるようになりました。

    で、おつまみなんですが。

    スタンドバーで、ビール一杯だけ飲んで帰ろうと思って飲んでたんですね。
    あまり持ち合わせがなかったので、おつまみは頼まなかったんですよ。

    本当は生ハムとか、
    フレンチフライとか、

    食べたかったんですが・・・お金も時間もそんなにないので我慢してとりあえず一杯。
    そしたら、横にいたとてもきちんとした身なりをしてらっしゃるお爺様に
    「私、これから急に行かなきゃならないところができたんです。
    あなた、よければこれ食べてくれませんか?手はつけてません」
    と、生ハムとフレンチフライを差し出してくれたんですよ!!
    頼みたかったメニューも一緒なんてすごくないですか??
    ドラマかよ!

    って思いましたが、全部自分の目の前で起こっていることでした。
    頑張っていることとは当たり前以上のことをやるわけではなく、
    普通のなんでもないことなんです。
    例えば子どもの体重を小児科の先生に聞かれて

    「えーと、15キロ、かなぁ?(挙動不審)」

    と適当に答えたり、
    子どもの習い事の月謝を払い忘れたり、
    子どもの学校の持ち物をちゃんとチェックしてなかったり、

    (子どもに全部迷惑をかけてるような・・・)

    こんな単純なことを、キリっとして気をぬかずにやるようになっただけなんですが、

    こういうことを淡々とやりこなしていく時に出る「あー嫌だ」という感情がなくなって、ストレスも減りました。
    ストレスはまったくゼロにはできませんが、増やすのは何にしても良くないです!
    我慢をしてストレスをためると、
    疲労という形で身体に負担をかけます。

    リフレストのリフレクソロジーは、

    身体をしっかり刺激して血流を良くすることで血流量もアップ。

    筋肉にもアプローチするため、コリや張りがスッキリ流します。

    身体がほぐれると心もほぐれますので、
    施術しながら色々なお話聞かせてください♪

    身体だけでなく心もスッキリできるサロンです。

    489a3b7d1503a12e8edf41dc4daeff43_s

     

     

     

     

    リフレクソロジスト・国際薬膳師・絵本講師の川口結実です。

    小田急線経堂駅 徒歩4分のリフレクソロジーサロン
    「若石足療リフレスト」
    にてイタ気持ちよい刺激のリフレクソロジーをお届けしています。

    ストレス・緊張で硬くなった筋肉にもアプローチしますよ。

    また、お子様連れのお客様大歓迎です。
    (ごろんとできるスペースあります♪)
    さて、今日は
    ぶよぶよお腹がジャイロトニックですっきりお腹に!
    というお話をします。

    これ、私の体験談です。

    ジャイロトニックというエクササイズご存知ですか?

    ヨガ、太極拳、ダンス、水泳の要素を取りれたエクササイズで、木製のマシンを使います。
    私は、小桃堂の亜莉さんのジャイロトニックを2年半ほど定期的に受けています。

    スクリーンショット 2018-05-21 15.33.16

    こちらが亜莉さん!
    ここ数年でボディメイク&栄養バランスのいい食事ですっごく綺麗になられました。

    だれしも、からだの使い方には「クセ」があって、

    負担のかかりやすい筋肉ほど強ばったり縮んだりしやすいものです。

    亜莉さんのジャイロを受ける時、イメージは

    「身体を伸ばしてもらう」感じ。

    靴下をくしゅっとすると、たわみますよね?

    あれをシューっと伸ばすように・・・

    つまり、そのたわみが私のお腹のぶよぶよでして・・・(汗)
    ジャイロ前、私のお腹周りは大変ぶよぶよしているんですね。

    筋トレしたり、マシンに乗って手足を動かしたりすると・・・
    あれまっ!はみだしお肉がいつのまにかすっきりに!!!

    これは、2年半受けている間いつも実感していることです。
    シューっと伸びるとたわみがなくなり、スラッとするんですよ。

    もちろん、日々の生活習慣をまたくりかえすと、だんだんと筋肉は縮んでいきます。

    そこで、亜莉さんはホームエクササイズやセルフケア方法も教えてくれるんですね。

    なので、

    家である程度のリカバリをして
    定期的にジャイロに行って

    なんとか私の健康は保たれています!

    そして、カラリ(インド武術)でたっぷり汗をかくことも欠かせないです。

    亜莉さんは、クライアントさんを運動習慣がつく方向に持っていくのが、とても上手です。
    それは、ジャイロで身体が動かしやすくなって、もっと動かしたくなるからなんですね。

    私の夫も亜莉さんのジャイロを受けてから、フットサルや筋トレを再開したんですよ♪
    整体や鍼にいっても緩和されない全身の症状がありましたら、一度ぜひ受けてみることをおすすめします。

    実は!亜莉さんのプロ向けトリートメント講習を受講中です。

    8月以降には一通りの講習が終わりますので、リフレストをご愛顧くださる皆様にはぜひモニターとしてオイルトリートメントを受けて頂きたいです!!

    またご案内させて頂きます。
    リフレクソロジーと全身オイルで心身ともにトロっトロの体験をしてみてください。

    IMG_4834
    ジャイロ前はとてもお見せできないので、ジャイロ後のすっきりお腹周りを、ジャーン!

    もうすぐ新学期!長女も次女も来週からいよいよ学校です。
    ふたりともクラス替えはないものの、先生がかわるかも…と若干どきどきな様子。

    春休み中、新中3の長女は家に殆どいましたが、
    新4年の次女は学童に通っていました。
    お昼のお弁当を作り、持たせるものの…

    持っていかずに忘れていく案件が発生!
    なぜ今勃発したかというと…

    私がしつこく「はい、持っていってね」という言葉掛けをやめたからです。

    そうじゃないと持っていかなかったから。
    でも、

    それは自発的ではないな〜
    と気が付いて、声掛けしなくなったら…

    見事に忘れていきました。
    学童に着いてすぐ気が付いたらしく、

    「お弁当忘れたから持ってきて〜」
    と電話が掛かってきました。

    ここで持っていっちゃうと
    「忘れたら持ってきてくれるからいいや」
    と思うにちがいない。
    なので、

    「いえいえ、仕事があるので持っていけません。
    自分で取りに来てください。」

    と言いました。

    そして、次の日。

    また忘れてるんですよ…

    学童に電話をして

    「お弁当忘れてるので取りにこさせてください」

    と指導員さんにお願いしました。

    指導員さんの声から、呆れてる様子が伺えます…

    この日は流石に2日目ともなると面倒臭かったらしく、
    「持ってきてほしかったなぁ」
    と口とんがらかしながら一時帰宅しました。

    そして、今日。

    机の上にあるお弁当袋を無言で見る私。

    「忘れるな〜」
    と念を送る私。

    一度通り過ぎていった次女。

    固唾を飲んで見守る私。

    過ぎた後また戻って、無事にお弁当を手にとって、バックに入れた!!

    「今日こそは忘れないぞ」と独り言いってました。

    3日目にやっと気が付いてくれて…

    嬉しかったです…涙

    このあたりいつも我慢できなくて、子どもの所まで持っていって
    「ほら、忘れるなー」って渡してたんですよ。
    我慢すると自分の仕事が減るし子どもも伸びるしお得。

    ってことを身にしみて感じた出来事でした。

    結局、子どものためだと思ってやっていることが成長を妨げてるんだなぁ。
    今回のことや、他のことも、
    自分のやっていることを一つ一つ棚卸しして、分けているところです。

    健康もそうですね。
    体に悪いことを可視化せずに体内に毒素ためていっちゃう。
    体調悪くて、原因不明だけどどこが悪い??
    と困った時は、まずは毒素の棚卸ししてみましょう。
    膝下から足首でいうと、ゴリっとする所、痛みを感じる所が滞りのある場所です。
    自分のことって、自分ではよく分からないものだからこそ…
    プロの手を借りてください!お待ちしています。

     

    1f08ab4c130abafcea5061d146b7e94c_s

     

    FM福岡の番組「小澤俊夫 昔話へのご招待」を愛聴しています。
    私の住んでいる地域ではリアルタイムには放送されませんが、
    iTunesのPodcast機能を使って一週間後の放送を毎回楽しみにしています。

    年末を境にして「年の瀬を語る昔話」を2回に渡り紹介していました。
    日本の昔話は、年の暮れとお正月はとても大事な季節で、
    年末年始に何か起きるお話がとても多いんだそうです。

    1回目を今日聴いたのですが、「笠地蔵」を紹介していました。
    皆さんご存知の、笠を売りに大晦日の街に出たものの、買い手がつかず
    帰る途中の六地蔵に売るはずの笠と自分の笠を被せてあげる、という
    お話です。

    小澤先生の語りを聴いているうちに、こんな部分にハッとさせられました。

    「すまないなあ。笠はひとつも売れなかった。それで、正月の米は買えなかった。笠をせおって帰ってきたんだが、村はずれの六地蔵さまがあんまり雪かぶっていなさったので、菅笠をみんなお着せもうした。ひとつ足りなかったので、おれのぼろ笠もお着せもうした」

    すると、ばあさまは、
    「じいさま、それはよかった。笠が売れてたら、六地蔵さまにお着せできなかった。それに餅がなければ、正月さまがこないわけじゃあない」といいました。

    なんというスーパーポジティブ思考でしょうか。
    しかも、六地蔵に笠をかける前のおじいさんの心の中のセリフ

    「このひどい雪に、吹きっさらしでなんと気のどくな。おれには何はなくとも、家に帰ればばあさまがいて粟がゆたいてくれる。屋根があって、火がたける。ありがたいことだ)と思いました。

    日頃、目の前のことをこなすだけで息切れしている私のハートに、このおじいさんとおばあさんのセリフはじんわり染み入りました・・・
    発想の転換が、気分良く生きるためのタネなのかもしれない・・・昔話から希望をもらいました。

    すぐ忘れて再び息切れしているかもしれませんが、
    そんな時は、昔話の本を開いて思い出してみようかな!

    ※小峰書店から出ている「語りつぎたい日本の昔話 笠地蔵」(小澤俊夫:監修 小澤昔ばなし大学幸研究会:再話)から引用させていただきました。

    IMG_2403

    地域のスーパーで売っていたちび大根。

    リフレストのある街、経堂にも夏祭りの季節がやってきました。
    IMG_2506
    一ヶ月ほど前から駅前にあらわれる、お祭りの協賛提灯。
    これを見ると夏だな〜と実感します。
    お祭りのメインストリート、農大通りには色とりどりの提灯が。
    ランドセル背負って歩くランドセル背負った小学生も、大学生も、きっと「夏がきたー!!」と思っているのでしょうね。

    雨が降らない梅雨なので、養生としてはほぼ夏の過ごし方でいきたいですが、天気の変化にご注意を。

    7月が過ぎるとあっという間に8月に入り、お盆を迎え・・・どんなに暑くても朝晩は涼しい風が吹いてきます。
    夏の過ごし方が秋冬の体調に関係してきます。適度に汗をかいて水分を補給し、リフレもしっかりやりましょう(^^)

    時々、お客様に
    「毎日健やかに過ごす秘訣はなんですか?」
    と聞かれることがあります。

    私は、いつも

    1.質の良い睡眠
    2.バランスのとれた食事
    3.適度な運動

    とお答えしていますが、言葉にすると簡単だけど、
    ひとつひとつを的確に情報を集め実践していくことが
    なかなか難しい・・・

    特に、運動。体を動かす必要性は感じていても、
    あまり実践できないな〜と私も思っていましたが、
    今年からじわじわと体を動かすことを始めました。

    こちらでは、体と心がどう変わっていくか変化がわかるように
    綴っていきたいと思います。

    何をやっているかはまた後日・・・!

     

    ご予約フォーム