• カテゴリー
  • リフレクソロジスト・国際薬膳師・絵本講師の川口結実です。

    小田急線経堂駅 徒歩4分のリフレクソロジーサロン 「若石足療リフレスト」 にてイタ気持ちよい刺激のリフレクソロジーをお届けしています。

    ストレス・緊張で硬くなった筋肉にもアプローチしますよ。

    さて、今日は「絵本の世界がほんとうの世界とつながる」
    というお話をします。

    先日、保育園の帰りに三女がこう言ったんですよ。

    「Mちゃん(娘の名前)ね、すずめになりたいの」

    ふーん、そうなんだ〜。
    なれたらいいねぇ。なんてあいづちをうちつつ、

    すずめめになって空をとんだり、木にとまったりしながら人間をながめるのも、たしかに楽しそうだな…
    と三女のモウソウがうつった私。

    そこで思い出したのが
    「あ、そういえばすずめの絵本あったな」ということ。

    家に帰ってさっそく
    「こすずめのぼうけん」(ルース・エインズワース 作 石井桃子 訳 堀内誠一 絵 福音館書店)
    を読みました。

    51xIwKYETSL

    現実にすずめをみたり、すずめについて考えている時に、絵本ですずめについて疑似体験をする。
    こうした現実と非現実の複合的な体験が、脳の活性化につながるんです!

    子どもにとっては生きる力につながるし、大人でも生きることの楽しさをもたらしてくれる、それが絵本!
    デイサービス施設で、おじいちゃんおばあちゃんに絵本をよむ活動をしている方に聞いた話ですが、
    絵本を読んだあとに急にむかしの思い出をたくさんはなしたり、涙をながして昔のはなしをする人がいるそうです。

    脳のなかにははかりしれない量の情報がためられているので、出し入れするには道具があると便利。

    絵本はその道具としてぜひ使ってほしい…

    もちろん、芸術性も放っておけないです!

    美しい絵、幸せで肯定的な言葉が心に栄養をあたえてくれます。

    おとなも、子どもも。絵本で心豊かな生活を送りましょ〜

     

    リフレクソロジスト・国際薬膳師・絵本講師の川口結実です。

    小田急線経堂駅 徒歩4分のリフレクソロジーサロン 「若石足療リフレスト」
    にてイタ気持ちよい刺激のリフレクソロジーをお届けしています。

    ストレス・緊張で硬くなった筋肉にもアプローチしますよ。
    また、お子様連れのお客様大歓迎です。

    さて、最近は末っ子と次女が夫と眠るようになり、
    私はだいたいお風呂に入り終えると一人でシングルベッドで寝るように。

    つまり、子どもたちに夜眠る前に絵本を読まなくなってしまいました。

    昨日は、子どもたちが先に寝る支度ができていたので、
    夫がお風呂に入っている間に絵本を久しぶりに読みました。
    それがこちらの2冊。

    IMG_4800
    「めがねうさぎの うみぼうずがでる!!」(作・絵 せなけいこ ポプラ社)
    「はじまるよ」(熊谷守一 絵 ぱくきょんみ 文 福音館書店)

    せなさんのおばけ絵本は数多くありますが、
    元々は息子さんがおばけが好きだったからお話しを作り出したのだそうです。

    おばけなんだけどどこか人間くさくて、
    ちょっと情けないところもある部分が親子で好き。

    泳げないおばけが、
    うみぼうずの特訓で泳げるようになるまで練習するところも
    クスリと笑ってしまいます。

    「はじまるよ」は、最近手に入れた絵本です。
    大正・昭和に活躍した洋画家・熊谷守一さんの絵に
    ぱくきょんみさんが言葉をつけた絵本です。

    あかちゃん絵本だから、4歳の娘にはどうかな〜
    とずっと購入を迷っていたのですが・・・

    言葉の美しさと絵の優しさがリズムになって、
    意味なんて関係ないぞ!と決断しました。

    絵本だけど、絵の細部がよく見ることができて、立体感あります。

    絵本は睡眠薬のように眠気を誘うもので、
    読み終えた頃には私も気持ち良く寝入ってしまいました。
    年々、絵本を読み始めたらベッドから復活できないです・・・

    ご予約フォーム