ちょっと喉がおかしいな・・・と思ったら | 世田谷 経堂のリフレクソロジーサロン | リフレスト

ちょっと喉がおかしいな・・・と思ったら

喉が痛い。空気が乾燥してくるとよく出る症状です。
喉の痛みは上気道炎(いわゆる”かぜ”)でウイルス感染によるもの、もしくはウイルスではなく精神的・神経的な原因、または体全身の問題から痛みが出ることもあります。
(自律神経失調症、内分泌異常、更年期障害、鉄欠乏性貧血(てつぼうせいひんけつ)、嚥下(えんげ)障害など)

中医学でみると、喉の痛みは体内に熱が生じたことで起こる症状です。熱の種類は虚熱と実熱の2種類あって、タイプによってとったほうがよい薬(漢方薬)や食べ物の種類が違います。虚熱は体の内部のバランスを崩して生じる熱で、実熱は体内のエネルギーが亢進して生じる熱です。

虚熱の特徴的な症状・・・虚弱体質、ほてり、のぼせ、口の渇き、更年期や自律神経失調症

とったほうがよい食べ物・・・体内に潤いが足りないので、水分補給をこまめに行う。水だけでなく、野菜や果物からも水分を適度にとる。今の季節だと、ぶどうや梨、トマトなどがおすすめです。また、豚肉やはまぐり、あわび、豆腐、黒米なども体のよい水分(陰液)を作るといわれています。

避けたほうがいい食べ物・・・香辛料、あぶらっこい食べ物

実熱の特徴的な症状・・・体全体の熱っぽさ、精神が高揚している、便秘、汗かき、目の充血、冷たい物を欲する、皮膚トラブルがある、お酒をよく飲む、活動的で常に動いている

とったほうがよい食べ物・・・きゅうりやなす、すいか、とうがんなど熱を冷ます食べ物(ただし食べ過ぎは注意)

避けたほうがいい食べ物・・・香辛料の効いた食べ物(特にシナモン)、しょうが、辛い物、お酒、あぶらっこい食べ物

また、リフレクソロジーでみると、足の甲に

・扁桃腺
・声帯・のど・気管

img_2197

といった、喉に関わる反射区があります。また、指の間の骨と骨の間はリンパや胸部に関わる反射区があるため、足の甲は日頃からよくほぐしておくと風邪予防になります。その際は骨に当たらないように気をつけてください。炎症の原因になります。

風邪の兆候がある時は、どなたでも対策をされることと思います。早く寝る、辛い物を食べて汗をかく、お風呂にゆっくりつかる・・・等々。セルフケアの一つにぜひ薬膳やリフレも取り入れてみてください!