ストレートネック傾向と対策

ストレートネック3つの原因と対策

ストレートネックについて質問がありました


こんにちは!リフレストの川口ユミです。

先日来られたお客様の話。

頭痛が酷いので内科にいったら、なぜかレントゲンを撮ったそうです。

そして、ストレートネックが原因と診断を受けたとのこと。
「ストレートネックってどうしてなるのですか?なぜ頭痛を引き起こす??」

という質問をいただいたので、原因と対策をまとめてみます!

 

 


ストレートネック理由その1:スマホやパソコン


スマホを片手で持って見る時、持ち手はからだの前、目線より下方向にあります。

それを見るために、自然と頭部は肩より前にきます。

それが、ストレートネックの元凶となるのです。

首の骨は重い頭部を支え、しかも衝撃を吸収するために前弯カーブしています。

頭部はボーリングほどの重さがあると言われていますが、
それがカーブと同じ向きに行き重力がかかるので、カーブが無くなりストレートネックとなってしまうのです。

首がストレートになると、頭の重みが直にからだに伝わり、首や肩周りへの負担になるだけでなく、血液循環にも影響します。

頭痛はそのため引き起こされ、他にも冷えやイライラ、不眠などの不調につながります。

 



ストレートネック理由その2:猫背


胸の後ろあたりの背骨(胸椎)は、首とは逆に、からだの後ろ側に向かってカーブしています。

ストレートネックの状態で、長時間の座り仕事やPC作業などが原因で、この胸の後ろの背骨カーブを加速させて猫背の状態を作ります。
座り仕事以外にも、家事労働の時には猫背になりがちですし、立ちっぱなしも然りです。



ストレートネック理由その3:腰の反りがない もしくは後ろにかたむく


背骨は、首の骨(頚椎)と胸の骨(胸椎)、そして腰の骨(腰椎)の総称です。

名前は違いますが、つながっていて連動しあっているため、そのように呼ばれています。

首がストレートネックになると、背骨がその流れをかえるので骨盤が後ろにかたむきます。

逆に、首の湾曲が強くなりすぎると、腰の反りが強くなります。



ストレートネック対策は、まずは引っ張られている筋肉をほぐす


背骨の生理的な湾曲が失われると、骨に付着している筋肉に過度に負荷がかかり、引っ張られて硬くなります。
まずは、この筋肉のコリをすこしずつほぐしていくことから、ストレートネック対策は始まります。
定期的なケアでコリがとれてきたら、次にストレッチや筋トレで筋肉を整えます。そして、コアな部分の筋力をつけて、からだの軸を作ります。
背骨は、筋肉や正しい姿勢によって元の自然な湾曲を取り戻せるので、だんだん矯正されていきます。

当店のボディトリートメントでは、筋肉をグイグイ押さない刺激で、元の筋肉の弾力を取り戻す施術を心がけています。

次に、足裏の反射区からも刺激をします。背骨が歪むと、からだ全体のバランスが崩れて、足裏の骨格にも影響が出ます。

とりわけ、からだの重心を支えている足裏のアーチが崩れます。
そして、内側の土踏まず付近のアーチは、背骨の反射区です。ここのアーチをしっかり戻すことで、背骨が自然な位置に戻るのを助けます。

からだは、それぞれ連動しあっています。

足裏から頭のてっぺんまで整えて、ストレートネック防止をしましょう!