分からない事は正直に「分かりません」と言います!

分からない事は正直に「分かりません」と言います!

今日は失敗談を・・・


こんにちは!リフレクソロジーサロン リフレストの川口ユミです。

毎日暑いですね・・・。もうしばらく夏日が続くようです。

怖いのが、このあとガクンと気温が下がった時です。
呼吸器系トラブル増えそうです💦
こういう時は日頃から運動や入浴で適度に発汗して、体内の新陳代謝を上げていきたいものです。
座りながらにサウナに入ったような発汗&爽快感のリフレクソロジー、ぜひご利用くださいね。

 

さて、今日は
「分からないことは素直に分からない」と言います
というおはなしなんですが・・・

お客様からからだの働きや機能について聞かれた時、
分からないことがあると

「分からないので、ちゃんと調べてからお返事しますね!」

と言えるようになったのが、ほんの数年前。

それまでは、つい

「〜だと思います」のあとに、

「多分。・・・えへ」

みたいに、ちょっとぼやかして終わることがあったのです!!

そして、間違いを堂々と言ってしまうことも、しばしばありました。

今思い出すだけでも顔から火を噴きそうな間違え第一位は、

「胆汁は胆嚢で作られます」です!!

(正しくは、胆汁は肝臓で作られ、胆嚢で保存・濃縮されます)

これ・・・「嘘」になるわけですが、

なぜとっさに口から「嘘」を言ってしまうのか?

それは、お客様からの信頼を得たいがために、なんですね。

しかし、ある時ふと気がついた。

分からない事は、恥ずかしいことじゃない。

分からない事だと自覚できるからこそ、

それが施術者として成長のきっかけになるんだ!ということです。

まあ、単に「嘘ついちゃアカんでしょう」なんですけれども・・・

その場で答えることが信頼を得ることではなく、
分からないことをお客様にどうお伝えするか、が重要なんだとやっと気がついたのです。

まずは、正直に分からないことをお伝えする。

そして、

「調べてからお答えしたいので、お時間頂けないでしょうか」
とお願いしてみる。

知識不足を認めてほしい!というわけではなく、
勉強のきっかけを作ってくださった!ということを第一に考えております。

時には、病院勤務のお客様に、施術中に少し詳しく伺うこともあり・・・

家族や仲間だけでなく、お客様にも助けて頂き・・感謝の気持ちでいっぱいです。

ということで、今日も元気に営業しております。

どうぞ宜しくお願いいたします!!

 



メルマガ登録お願いします!イベントや講座のお知らせ有り♪